契約時のポイント

賃貸契約書のチェックポイントについてご説明をしたいと思います。

1:契約期間と更新の定めについて
契約者が普通借家じゃ定期借家かを確認をした上で、契約期間を確認します。

2:賃料や管理費の額、支払い、滞納時のルールについて
賃料や管理費の額と支払方法や支払期日を確認します。

3:敷金について
敷金などが必要な場合には、その金額と返還に関する具体的な手続きなどを確認をします。

4:反社会的勢力の排除について
不動産取引からの「反社会的勢力の排除」を目的として、反社会的勢力排除のための条項が導入されるようになりました。

5:禁止事項について
契約によって禁止事項は、異なってきます。定められたルールを守った暮らしをしましょう。

6:修繕について
入居者の物件の修繕に関する取り決めとなります。

7:契約の解除について
貸主からの契約解除の要件など取り決められています。

8:借主からの解約について
借主からの解約について、解約通知の期日や具体的な手続きを確認して下さい。

9:現状回復の範囲と内容について
賃貸借の契約で最もトラブルになるやすいのが、現状回復に関わる取り決めになります。現状回復に関する取り決めを出来るだけ明確にしておく事が重要です。

10:特約事項について
貸主の事情によって、特記事項が記される事もありますが、「現状回復にかかわるすべての費用は借主が負担をする」など、一方的に借主に不利な条項が記載されている場合もあるため、確認をする必要があります。

  • 熊本の分譲地情報を今すぐチェック!